【元野犬】新しい家族は、保健所出身の保護犬です。

保護犬

2021年1月に虹の橋を渡った愛犬は、倉敷市保健所出身の元野犬でした。

ペットロスを乗り越え、新しい家族を迎える準備が整い、亡くなった愛犬と同じ倉敷市保健所から保護犬を引き取りました。

引き取った元野犬、推定4歳のレインと過ごす日々と成長の記録を残し、ひとりでも多くの人に保護犬の魅力が伝わればうれしいです。

新しい家族

倉敷市保健所ボランティアteamKARにお世話になりました

倉敷保健所に雨の日に収容された「レイン」が、我が家の新しい家族です。

収容後、体調が悪化したため「倉敷市保健所ボランティアteamKAR」のメンバーさんが引き出し病院へ。「門脈シャント」と診断されました。

この時引き出してくださったメンバーさんは、亡くなった愛犬「コテツ」の育ての親「あさ太ママ」です。

術後はそのまま、あさ太ママのお家で過ごし、ずっとのお家を待っていたレイン。迎え入れる準備が整った我が家へとやってきました。

1日目

元野犬の保護犬と暮らす

室内飼育・係留は、保護犬を迎え入れる際に必ず守らなければならないルールです。

保護犬の引き取りがある一方で、脱走してしまう事故も増えています。大切な命を預かった身として、保護犬と過ごす注意点やルールも守りたいですね。

1日目は、予想通りクレートの中から出てこない、フードも食べない。知らない場所に置いて行かれたら、人間だって怖いですから仕方ありません。

まずは、ここは怖くない、大丈夫だと分かってもらうために「声をかけない」「見ない」「目を合わさない」を徹底することにしました。

2日目

元野犬でも家庭犬になれる

2日目の夕方になり、ようやくフードを食べてくれたものの、体はクレートの中。ひかえめな感じが可愛らしいです。

この日は、嫌がり暴れましたがなんとかリードをつけて、排泄のためだけにお外にも行きました。

人に興味を示す元野犬

私たちがご飯を食べていると、少しだけ顔を出し、こちらの様子を伺ってきます。ここまで来たらあと一歩ですね。

3日目〜1週間

控えめで賢く静か

あさ太ママのお家でも、ダイニングテーブルの下がお気に入りだったとのことで、わたし達がご飯を食べていると気になるご様子。

ボランティアさんからの譲渡で、人の優しさも知っているからこその馴れの早さではないでしょうか。

クレートから出て来れるようになると、絨毯の上で休めるように。リラックスできているように見えますね。

おやつで仲良くなろう

肉食系女子とのことで、牛タンのおやつで仲良くなろう作戦。おいしそうな匂いに誘われ、どんどん距離が縮まります。

自力で食べ物を探し外敵から身を守り生きてきた野犬は、とても賢く家族と認識すれば素晴らしいパートナーになるでしょう。

ペットショップで売られる子犬達もいれば、誰にも知られることなく消えてゆく命もある。家族になるまでに時間がかかっても、同じ重さの命を大切に育てていきたいです。

ひとりでも多くの人に保護犬の魅力をお伝えできるよう、今後もレインが家庭犬になる道のりを綴っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました