【里親インタビュー】倉敷市保健所出身・元野犬のリアルな暮らし|原田 礼君

保護犬

不定期で実施中の「倉敷市保健所からワンコを迎えた里親さんインタビュー」では、保護犬のリアルな暮らしをお伝えしています。

子どもの頃から、保護犬と暮らしてきた礼君のお姉さんは、新しい家族を迎えようと決めた時、真っ先に近くで里親募集をしていないかどうかを調べました。

見学先で出会った、1度里親が決まったものの「やっぱり飼えない」と、ボランティア団体へ返されてしまった子。2人の出会いは、まさに運命のようです!

獣医師も認めるパワフルワンコ。原田 礼君

推定2021年3月17日生まれ。お姉さんが良さげと思った、3月13日をお誕生日に決定!
愛犬の名前原田 礼君
推定年齢2歳8ヶ月
我が家記念日2021.6.23
先住犬・猫猫のノンタン
SNSInstagram

里親になったきっかけ

初代は、祖父母と暮らしていた飼育放棄のラブラドールレトリバー、2代目は、ブリーダー放棄犬のミニチュアシュナウザーを飼っていました。

ラブラドールレトリバーは、花ちゃん。ミニチュアシュナウザーは、ちゃっぴーちゃんという名前です。

2021年4月24日にちゃっぴーが亡くなり、それまで犬が居ない生活をしたことが無かったので、まずは近所で里親募集をしていないかを調べました。

その時に倉敷市保健所、倉敷市保健所ボランティアteamKAR、DogRibbonの存在を知りました。

レイン
レイン

礼君のお姉さんは、子どもの頃から保護犬と暮らしていたんだね!

そうですね。亡くなったちゃっぴーは、まだ1〜2歳前後だったにもかかわらず、ガリッガリの状態だった子を、当時6〜7歳だった兄が、ブリーダーから貰ってきました。

礼とは家庭内別居ですが、一緒に暮らしているノンタンも、道端で瀕死だった子を兄が保護した猫です。

やっぱり飼えないと返されてしまった子

レイン
レイン

礼君と出会った時のことを、もっと教えてほしいな!

DogRibbonは、倉敷市保健所に収容されている子犬・乳飲み子を引き受け、ミルクボランティアや譲渡会を行なっている団体です。

当時大学生だった私は、感染症拡大の影響で時間にも余裕があり、「できる限り長い時間を一緒に過ごせる子犬の保護犬を、家族に迎えたい」という気持ちが大きかったため、DogRibbonに連絡を取ることにしました。

ずっとのお家。家族になった次の日の礼君。現在は27Kgあるそうです!

見学に行くと、コロコロな1ヶ月の子犬たちの中に、ひと回り大きな子が1匹。

どうやら、最初に決まった里親さんに「やっぱり飼えない」と、返されてしまった子だったようです。

私が、子犬たちに引っ張り回されている時に、一緒に行っていた母をチラッと見ると、膝にその子がチョコンっとお座りして、撫でて〜撫でて〜と甘えていました。

勝手な想像だけれど、「ちっちゃい子たちも可愛いけど、僕を見て!僕を撫でて!ぼく!!!」と言っているように見えてしまって、素直で愛嬌たっぷりな姿に心を奪われました。

でも、「迎えるなら、もっとしっかり考えないと!」と思い、1度じっくり考え、覚悟を決めてから礼を家族に迎えました。

コテツ
コテツ

悲しい思いもしているけど、

礼君は、お姉さんに会うために、

DogRibbonに戻ってきたのかもしれないね。

一緒に泣いた日もあった

レイン
レイン

愛嬌たっぷりの甘えん坊!

とってもいい子なイメージの礼君。

おうちに来てからはどうだったの?

もうすぐ3歳になる今でも甘えん坊で、私が仕事から帰宅すると、扇風機のように尻尾をブンブン回して喜んでくれます。

「撫でてよ!」とお腹を出す甘えん坊。夜中になると「ふぇーん。うわうわうわ。ふぇっふぇっ〜。」と夜泣きがはじまってた。

でも、引き取ってしばらくは、大変なこともありました。

まずうちに来て、3日目くらいから夜泣きがはじまり、それが2〜3週間。毎晩続きました。

お友達わんこが居なくて寂しかったのかもしれませんし、1度返されたこともあるから不安だったのかもしれません。

毎日抱っこして「礼のお家はここだよ〜」「一緒にねんねしようよ〜」「君はうちの子なんだよ〜」って声をかけながら一緒に泣いていました。

それを見た母は、ドン引きしていましたね(笑)

レイン
レイン

お姉さんやさしい(涙)

他にも、嬉ションを撒き散らした時期があったり、全力で壁と床をかじったこともありますが、それさえも愛おしいです。

お散歩が好きで、とびっきりの笑顔でこっちを向く姿に癒される反面、ビビりで、男性が苦手なので、お出かけをする時は少し神経を使います。

どこの誰よりも愛されている。ぼくは1番!

レイン
レイン

礼君もお姉さんのことが大好きなのが伝わってくるね。

きっと、礼は「自分は、どこの誰よりもお姉ちゃんに愛されているんだ。ぼくは、1番なんだ」って自信満々で思ってくれていると思います!

なんでも出来るかっこいい礼君!お姉さんとの息もぴったり!

「○○して欲しいなぁ〜」「かっこいいとこみたいな〜」と言うと、意図を汲み取ってくれますし、トリックや、ディスク、ボールのキャッチ教えると、なんでも楽しんで「ぼくできるよ!」ってドヤ顔でやって見せてくれる天才児なんです。

愛おしくて甘えん坊で、愛嬌の塊だと思っています!

コテツ
コテツ

礼君は、なんでもできてカッコイイな〜。

お姉ちゃんに愛されているぼく!ぼくもお姉ちゃんが大好きなんだ!と聞こえてきそう

朝起きた時に、間近でぐっすり寝ている瞬間も、車のルームミラーをチラッと見ると、ミラー越しに、じっーと私のことを見ていた瞬間、目が合うとニコって微笑んでくれる瞬間……。

礼がうちに来てから、今日まで書ききれないほど、たくさんの幸せな瞬間がありました。

これからも、礼とたくさんの思い出を作っていきたいです。

レイン
レイン

礼君のお姉さんありがとう!

倉敷市保健所には、ずっとのお家を待っている子がまだまだいるよ。

倉敷市保健所ボランティアteamKARのInstagramをチェックしてみてね!

タイトルとURLをコピーしました