【里親インタビュー】倉敷市保健所出身・元野犬のリアルな暮らし|チビ・ミンゴ君

保護犬

不定期で実施中の「倉敷市保健所からワンコを迎えた里親さんインタビュー」では、保護犬のリアルな暮らしをお伝えしています。

5代里親飼育をしてきたママに、大切に大切に育てられすくすく成長したチビ・ミンゴ君。

どんなワンコでも愛情をかければ、仲良くなれるヒントを教えていただきました。

夢で見て運命を感じたチビ・ミンゴ君

倉敷市保健所出身 元野犬
夢に出てきた“赤茶色の子”を探すなかで出会った運命の子
愛犬の名前チビ・ミンゴ君
推定年齢1歳
我が家記念日2022.11.30
先住犬・猫先代ワンコ:倉敷っ子先輩(お空へ)

里親になったきっかけ

チビ・ミンゴをお迎えした年の元旦に、虹の橋を渡ったワンコの夢を見ました。

その子が「帰る」と言って、指差した先には1匹のワンコ。

夢の中のわたしが「え??この子?」と聞くと、「うん。」と尻尾をふりふりしてこちらを見る姿。

そこから、夢に出てきた“赤茶色の子”を探しはじめました。

これまで保護犬を引き取ってきた経緯から、まずは地元の高松市保健所に行きましたが、見つからなかったため、倉敷市保健所のボランティアさんに相談し、出会った子がチビ・ミンゴです。

レイン
レイン

なんで倉敷のボランティアさんに相談したの?

2023年の春に他界しましたが、チビ・ミンゴをお迎えした当時は、先住犬に倉敷っ子のわんちゃんという名前の先輩がいました。

倉敷市保健所ボランティアteamKARは、引き取った後のアフターケアも親切丁寧で、新しい子を迎えたいと考えた時も相談しやすかったです。

倉敷市保健所出身 元野犬
頬に傷を治療中のころ

保健所へ行き、隅っこにいたチビ・ミンゴは、頬の傷が化膿し治療中でした。

我が家にお迎えするまでの間も、teamKARメンバーさんが怪我のケアをしてくださっていたようです。

レイン
レイン

チビ・ミンゴ君をケアしてくれたのは
レインを助けてくれた、あさ太ママなんだよ!

「この子を迎えよう」と思った決め手は、お鼻の模様で、夢に出てきたワンコと同じ場所がピンク色です。

そしてお告げの夢で見た子に近い子。私の年齢もあり、最期になるであろう子犬をお迎えすることにしました。

やられる時はやられる子犬期

レイン
レイン

迎えたころのチビ・ミンゴ君のお話を聞かせてほしいな!

お留守番用のサークルは、屋根をつけていましたが、ジャンプや体当たりで突破!

ぼく、お山の野犬の子だよ?身体能力高いでしょ!?」と、言わんばかりのヤンチャも子犬ならではです。

倉敷市保健所出身
元気いっぱいなのも子犬ならでは

コードを破壊したり、トイレシートを破ったりもしましたが、子犬期は防いでも「やられる時はやられる」そんなものだと思います。

お散歩はまず、抱っこして歩くからスタートし、そこから地面に降りて歩けるようになりましたが、数歩いては止まるの繰り返しで“だるまさんがころんだ”のようでした。

首輪2個とリード2本は、保護っ子のお散歩で大切な約束ごと。ハーネスと連結するナスカンは亡くなった子の遺品を引き継いでいます。

受け継がれたものを見るたびに、「この子はどんな大人になるのだろう」と愛おしく感じますね。

仲良くなろうとするこちらに応えてくれる

5代里親飼育をしましたが、シンプルに野犬っ子は「こんなにも賢いのか!」と感心する点が多いです。

トイレも覚えたあとの失敗は皆無ですし、無駄吠えもしない。

どの子の時もそうでしたが、成犬からの飼育でも、子犬からでも、犬は犬。

仲良くなろうとするこちらに応えてくれます。しみじみ、それを幸せに思っています。

倉敷市保健所出身

これまで命を見送る大切さ、淋しさを経験し「いつか100点満点の飼い主になれるかな〜。」と思った夜もありました。

歴代のワンコを育ててきた経験値を、すべて我が子に。

先代ワンコから引き継がれたグッズと思い出、飼い主としての知識や愛情、いろいろなものと共にチビ・ミンゴは育っています。

レイン
レイン

チビ・ミンゴ君のママありがとう!

倉敷市保健所には、ずっとのお家を待っている子がまだまだいるよ。

倉敷市保健所ボランティアteamKARのInstagramをチェックしてみてね!

タイトルとURLをコピーしました