【里親インタビュー】倉敷市保健所出身・元野犬のリアルな暮らし|シディちゃん

保護犬

不定期で実施中の「倉敷市保健所からワンコを迎えた里親さんインタビュー」では、保護犬のリアルな暮らしをお伝えしています。

今回ご紹介するシディちゃんのお姉さんは、「野犬のトリセツ」の挿絵を担当しており、Instagramでは元野犬との暮らしを分かりやすく漫画で投稿されています。

シディちゃんは、宝石のように透き通った瞳、写真からも伝わるツヤツヤの美しい毛並み!

お山出身の元野犬と聞いてビックリの美人ワンコです。

元野犬の中では小柄なシディちゃん

宝石のように透き通った瞳が美しいシディちゃん
愛犬の名前Sidi(シディ)ちゃん
推定年齢5歳(2018生)
我が家記念日2019.05.13
先住犬・猫先代ワンコ:ポメラニアン(お空へ)
SNSInstagram

里親になったきっかけ

先代犬のポメラニアンが天国に行ってから数年、 寝る前に人様の可愛いワンコをSNSで見るのが癒しでした。

いろんなワンコを見ているうちに、偶然「倉敷市保健所ボランティアteamKARメンバー」のTwitterで、里親募集投稿が目に入りました。

レイン
レイン

困り顔が可愛いEdワンコと、Mayaちゃんのママさんのことだね。

まさにピーンと来たってやつです。

お問い合わせ期限も迫っていた事もあり、「この子を絶対うちに迎えたい」と思いました。

コテツ
コテツ

シディちゃんと運命の赤い糸が繋がった瞬間だ!

元野犬に力負けしないか不安だった

レイン
レイン

お姉さんは保護犬を飼うのは、はじめてだったの?

そうですね。亡くなった先代犬は、3キロちょっとのポメラニアンでした。

はじめての中型犬という大きさ、元野犬となると力負けしてしまわないか、脱走させてしまわないかなどの心配がありました。

元野犬の中では、13キロと小さめ

お家の中では大人しいですし、怖いことや嫌なことがあると固まってしまうタイプですが、散歩中にビックリして急に走り出す時は、想像以上の力で引っ張ります。

元野犬の中では小柄細身とはいえ、13キロのシディちゃんと、先代のポメラニアンとの力の差を想像するのは難しかったです。

レイン
レイン

レインも大きな音や人の声が苦手……

譲渡前にまずは、teamKARメンバーの自宅へ行き、シディちゃんと実際に会った後、散歩させてもらいました。

一緒に歩いてみると、「これくらいなら力負けしなさそうだな…」と体感することができますし、自分の力でも大丈夫そうだという自信がつきますね。

室内係留の重りに漬物石。脱走対策もバッチリ!

その他にも、脱走対策に必須のダブルリードやショルダーリード、室内では漬物石に係留など、ほんとうに親切に教えてもらえて安心しました。

実際に今の所は力負けしてないし、アドバイスのお陰で脱走させていません!!

レイン
レイン

脱走させないことは家族を守ることなんだよね

とはいえ、はじめの頃は、私や周りが怖かったのかリードを引っ張りながら歩いてしまい、若干綱引き状態になっていました。

今でも、急に走り出す、急に止まることもあるので、散歩の時は気を抜かず運動靴を履いてます。

レイン
レイン

お姉さんが守ってくれて、シディちゃんも安心だ!

お家の中で困ったことはないの?

散歩や脱走の不安はありましたが、一緒に暮らしてみると困ったことや、苦労したことは殆どありません。

強いて言えば、最初の頃にスリッパや毛布をボロボロにした程度ですね。

控えめな愛情表現が愛おしい

お家に来たころは、置物のように固まっていました

おもちゃは震えて拒否するし、めちゃくちゃ甘えてはこないけど、初めて家に来た頃の置物状態のシディちゃんに比べたら、 明らかに距離が近くなりました。

ゆっくりだけど、少しずつ距離が縮まっていることを実感

家族以外には近づきもしないので、シディちゃんなりの愛情表現が感じられて可愛いです。

遊んで楽しくなっている時以外の無駄吠えは聞いたこともないし、 教えたら“お手”や“おかわり”も出来たりと、頭もよくて家族の自慢の愛犬です。

ごはんを食べていると近づいてきて、母の膝にちょこんとアゴを乗せて、ウルウルの上目遣いでの控えめに催促する姿!

ぴったりくっついて一緒に寝る時、散歩する時、手作りのおやつを美味しそうに食べてくれる時、安心して爆睡してくれてる時……。

ただの日常を、毎日シディちゃんが元気そうに過ごしてくれてるだけで幸せです。

レイン
レイン

シディちゃんのお姉さんありがとう!

倉敷市保健所には、ずっとのお家を待っている子がまだまだいるよ。

倉敷市保健所ボランティアteamKARのInstagramをチェックしてみてね!

タイトルとURLをコピーしました