【保護犬と暮らす】門脈シャント2回目の手術をしました。

保護犬

2023年11月3日、愛犬レインは、シャント血管を結紮する2回目の手術をしました。

先天性門脈体循環シャント(以下、門脈シャント)の治療を終え、レインが、今も元気に暮らせているのは、みなさまからのご支援・応援があってからこそです。

この記事では、門脈シャントと診断されてから、今回の手術までの様子、今後についてのご報告をさせていただきます。

みなさまへ手術が成功したことをお伝えすることが、1番の目的ではありますが、ペットが門脈シャントと診断されて悩んでいる方の不安解消、病気があっても他の子と同じように幸せに暮らせる希望となればうれしいです。

門脈体循環シャントとは?

レインに出会うまで知らなかったのですが、簡単にいうと本来ない「シャント血管」があるために、肝臓を通るはずの血液が全身へ流れてしまう病気です。

栄養素・毒素などが肝臓を通らずに全身へ流れてしまうため、肝臓へ栄養分が供給されず、さらに解毒されなかったアンモニアが全身に回ってしまいます。

※素人による考え方も含まれているため、正確な情報は下記リンク先をご覧ください。
参考:ALL動物病院行徳

うちの子の場合(先天性門脈体循環シャント)

倉敷市保健所収容〜1回目の手術まで

保健所収容から1回目の手術までの記録は、譲渡時に倉敷市保健所ボランティアteamKARメンバーあさ太ママから譲り受けた「レイン日記」をもとに書かせていただきます。

2月26日雨の日に倉敷市保健所に保護
3月29日不妊手術
4月13日ごはん・チュールを食べない
4月14日立ち上がるが状態が悪い、変な寝方をするため病院へ
4月15日急変して夜間診療。脳炎を起こし、瞳孔萎縮・よだれ・脱力
4月28日点滴で様子を見ていたが、症状が悪化したため二次診察病院へ
6月14日CT検査 門脈シャント確定
7月12日手術
7月16日退院
【2021年】 4月14日ボランティア譲渡・あさ太ママのお家へ
「レイン日記」毎日のフード・薬・サプリメント・排泄など…愛の詰まった記録が残っています。

4月28日に門脈シャントの疑いありと診断されてから、6月14日のCT検査までの間は、肝臓サポートの食事と薬(ラクツロース)、サプリ(ヴェルキュア)の治療が中心だったようです。

また、門脈シャントを疑われる要素のひとつとして、アンモニア数値が高いことがあげられます。

レインのアンモニア数値も記させていただきますので、参考にしてください。

4月28日689(門脈シャントの疑い)
5月14日109
6月14日143(CT検査)
7月12日137(手術)
7月14日96
8月9日50(術後1ヶ月)
6月5日46(術後1年)
【2021年〜2022年】参考正常値16〜75

※その他、血中尿素量、アルブミン、血糖値、コレステロールなどの数値も見るそうです。

2回目のシャント血管結紮手術

門脈シャントは、シャント血管を閉鎖することで、完治することが見込めます。

シャント血管の太さや、数によって手術の回数が決まり、レインの場合は、1度で閉鎖できなかったため、再度手術が必要でした。

1回目の手術後にアンモニアの数値は下がり、今回のCT検査では、肝臓が2倍程度成長していることが確認できました。

前回強めに結紮していたため、劇的な変化は見込めないかもしれないとのことでしたが、別に気になる箇所があり再手術を決心しました。

11月1日CT検査
11月3日手術
11月6日退院
11月13日抜糸
【2023年】手術スケジュール

無事シャント血管を閉鎖することができ、先天性門脈シャントの治療は終了。外科的な治療は、今回で最後です。

今後は、後天性多発性シャントが発生する可能性もあるそうですが、こちらは薬やサプリメントによる内科治療がメインになります。

さらに肝臓への血液の流れが悪いことで、肝硬変になっている可能性もあったため、手術時に肝臓の一部をとり病理検査もしていただきました。

こちらの検査結果は、「肝臓の繊維化は起きているものの、肝硬変の状態とは異なる」ということで、現時点での健康面に影響はないそうです。

レインの様子

今回の手術は、CT検査の結果によっては「手術をしない」という選択肢も考えていました。

手術前のアンモニア数値は122で、肝臓も成長していましたが、CT検査で腸の近くに肉芽腫があることが分かり、そちらの切除とシャント血管の再結紮をお願いしました。

3時間以上の大手術でしたが、術後の経過は良好で翌日には散歩もしたようです。

生きようとする野生の力、野犬のDNAの底力を感じますね。

術後1週間は食欲がなく、動きもゆっくり…

帰宅して1週間は、元気がなく食欲も低下し、とても心配しましたが、抜糸後からは、みるみる元気を取り戻し、術後1ヶ月たつ頃には、おかわりを催促するようになりました。

もし保護されていなかったら、保護されたのがもう少し先だったら、ここにいなかったかもしれないレイン。

たくさんの方の愛と応援があり、今も元気に暮らしています。

あさ太ママが届けてくれた服がぴったり!

倉敷市保健所ボランティアteamKARメンバーのみなさま、手術時に寄付をしてくださった方、そしてInstagramを見て気にかけてくださった方、本当にありがとうございました。

レインが我が家に来てくれて、わたし達家族はとっても幸せです。

タイトルとURLをコピーしました