保護犬の食欲不振に挑む!手作りご飯とドッグフードの併用で解決した理由3選

保護犬

保護犬を迎えたけど「ご飯を食べない」と悩んでいませんか?

警戒心の強い保護犬の場合、迎えて数日はドッグフードを食べないケースもありますが、いつまでたっても食べないと飼い主さんも心配になりますよね。

我が家の愛犬も残す量が増える一方で、ドッグフードを変えてみたり、トッピングをしたり試行錯誤しましたが、効果があるのは最初だけ……。

「いつになったら食べてくれるのだろう」と不安な時に、1冊の本に出会い手作りご飯を取り入れました。結果、見たこともない表情、おかわりの催促、ドッグフードも完食できるようになりました。

「毎日の手作りご飯は大変そう」
「ドッグフードを食べなくなるんじゃないの?」
「甘やかすだけじゃないの?」と思われた方は、この先にお話しする愛犬の変化をご覧ください。

※手作りご飯は、わたしの自己責任で続けています。
※手作りご飯を勧めているのではなく、ブログ内容は個人の体験談です。
※ペットに持病がある場合は、はじめる前にかかりつけ医にご相談ください。

手作りご飯をはじめたきっかけ

犬にとって、ご飯の時間は楽しみのひとつです。

ガサガサと袋を開ける音に反応して駆け寄ってきたり、お皿を準備するとお座りして待つ「うれしそうな表情」に癒されている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

わたしは犬に対して上記のようなイメージがあり、なんでも喜んで食べるものだと思っていました。

しかし、迎えた保護犬は、喜んで食べるどころか朝ご飯を入れたお皿が、空になるのはお昼過ぎ。はじめは、「保護犬は警戒心が強いから仕方ない」と様子を見ていました。

元野犬、保護犬。倉敷保健所出身
完食できるのはお昼頃

しかし、食べられるようになるどころか、食べられる量が徐々に減ってしまい、かかりつけ医に相談。「3つのドッグフードをローテーションして与えてみては?」とアドバイスを受けました。

この時の医師から聞いた注意点は、「食べないから次はこれ」と色々試さないことです。食べないドッグフードが増えると、食べられるドッグフードがなくなってしまうからとのことでした。

アドバイスをもとに早速実践!はじめの数日は食いつきがよくても、1袋が終わるころにはまた食べない……を繰り返すため、手作りご飯を取り入れることにしました。

保護犬がご飯を食べない!手作りとドッグフードを併用した3つの理由

おかわりを催促!ご飯の時間が楽しみになる

参考にした書籍は後述しますが、タンパク質:野菜:炭水化物を基本は1:1:1に。はじめての場合は、4:3:3でタンパク質を少し多めでもいいそうです。

保護犬と暮らして3ヶ月。はじめての手作りご飯
はじめての手作りご飯

「毎日の手作りご飯は大変そう」と思われるかもしれませんが、人の食事に使う材料の一部を使えば飼い主の負担も軽減されます。

インスタント食品や惣菜に頼る日があるように、体調が悪い、疲れた、帰りが遅くなった日は、ドッグフードに頼っていいと思います。

“食べなくて心配していた子”がおかわりを催促、器の隅々まで舐める姿……。ご飯を目の前にして、よだれがボタボタ落ちるのを見た時には、涙が出るほどうれしかったです!!

たかお
たかお

手作りご飯を作る理由①
愛犬の喜ぶ顔が見たいから!

話しかけて心の距離を縮める

ドッグフードだけ食べていた時にはなかった、「ご飯だ!ご飯だ!今日はなにかな?」とワクワク!!

わたしがキッチンに立つと、そわそわしたり、おすわりしたり、最近ではキッチンに来て前足でチョンチョンと触ってきたり!!その姿がたまらなく可愛いのです!

鼻歌交じりにご飯を作ったり、やさしい声のトーンで話しかけたり、わたし達飼い主も愛犬と一緒にご飯の時間を楽しみましょう!

迎えて1年後の様子

ドッグスペースで固まっていた愛犬が、キッチンをそっと覗く……。手作りご飯は、ビビリな保護犬が、大きな1歩を出す勇気を与えてくれました。

こちらを気にするようになったら、「もう少しだから待っててね」「今日は○○の好きな○○だよ〜」と話しかけてあげてくださいね。

たかお
たかお

手作りご飯を作る理由②
飼い主のわたしも楽しい!
この気持ちが愛犬との距離を近づけると思うから。

ドッグフードはお助けアイテム!併用して上手に活用

ここまで読んで、「手作りご飯にするとドッグフードを食べなくなりそう」と心配になる方もいるかもしれません。

わたしも同じ不安があったので、その気持ちよくわかります。

災害が発生する可能性や、病気や疲れで作る気力がない時を考えると、ドッグフードも食べられると安心ですよね。

わが家の場合、夜は手作りご飯、朝はドッグフードにしていますが、手作りご飯をはじめてからの方がドッグフードの食いつきがよくなりました。

これはワンコの性格にもよると思うので、申し訳ありませんが「ドッグフードも食べます」とは言い切れません。

手作りご飯をはじめても、災害や緊急時のストレスで食べなくなったり、支援物資が届かない場合を考えて、食べられるものの選択肢を増やし、ドッグフードを常に手元に置いておくことが大切です。

たかお
たかお

ドッグフードを併用する理由
保存がきくドッグフードはお助けアイテム

以下の4つは、手作りご飯を作る時にわたしが気をつけていることです。参考にしてみてください。

①楽しくできる範囲
「作らないといけない」ではなく、愛犬の喜ぶ顔を見たいから作る気持ちを大切にしています。

②朝はドッグフード
災害などが起こる場合を考え、保存できるドッグフードを併用しています。

③乾物を常備
高野豆腐やひじきなどは、買い物に行けなかった時のお助け食材です。

④様子をチェック
はじめて食べる食材を使う場合は、体調の変化を見る余裕がある日にしています。

参考にした書籍「犬ごはんの悩み相談室」

著者:須崎 恭彦 犬ごはんの悩み相談室

手作りご飯を始める時に参考にした書籍は、須崎恭彦先生の「犬ごはんの悩み相談室」です。

・与えてはいけない食材があり手作りできるか不安
・栄養のバランス偏りや与える量
・将来病気にならないか心配

上記のような、手作りご飯に対する心配事を解消できました。

まとめ

手作りご飯をはじめて1年が経ちましたが、デメリットを感じたことはありません。強いて言うなら、おかわりの催促が激しいことでしょうか(笑)

ご飯を残していたのが嘘のように、ドッグフードも喜んで食べるようになったため、3種類のローテーションもやめました。

なんでも食べるようになった今思えば、「愛犬のわがままだった」「飼い主が試されていただけ」かもしれませんが、手作りご飯をきっかけに、確実に心の距離が縮まりました。

警戒心の強い保護犬がゆっくりゆっくり心を開く姿は、わたし達飼い主も幸せな気持ちにしてくれます。

※手作りご飯は、わたしの自己責任で続けています。
※手作りご飯を勧めているのではなく、ブログ内容は個人の体験談です。
※ペットに持病がある場合などは、はじめる前にかかりつけ医にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました