【DIY】階段下の空間を利用してドッグスペースを手作りしました!

DIY

2023年春、新しい家族を迎えることになり、階段下にドッグスペースをDIYしました!

新しい家族は、先代犬コテツの故郷と同じ倉敷市保健所出身の保護犬です。

家を建てる時から、いつかワンコを迎えた時に使おうと思っていた場所を、ようやく活用できる日がやってきました。

階段下にドッグスペースをDIY

階段下にドッグスペースbefore

DIYに着手する前は、主に買い物用のマイカゴや、主人の仕事用のカバンなどを置いていました。

適当に物を置くだけの、まさにデッドスペースです。

①壁を作る

階段下の空間にドッグスペースをDIY

横幅は、人が寝転ぶことができる程度の長さがあること、階段の傾斜で扉を設置しづらいことから、仕切りも兼ねて壁を設置しました。

壁は階段に直接ビスを打ったので、見た目以上に頑丈です。

反対側にも、扉をつけるための柱を立てます。

②角材で扉を作る

階段下ドッグスペースの扉をDIY

次に、角材で扉を作っていきます。

犬の体が通らず、お顔や様子が見られる幅ってどのくらい?と想像しながら間隔を決めました。

階段下ドッグスペースの扉

塗料は、ワンコが、かじったり舐めたりしても大丈夫なように、蜜ロウワックスを使用。

階段下ドッグスペースの扉をDIY

扉の一部は、見た目と安全面を考えビスを使わず、ダボで固定します。

材料費を抑えるために安い木材を使ったせいか、少し隙間もありますが仕方ありませんね。

③扉と鍵を取り付け

階段下の空間にペットスペースをDIY

最後に柱側に蝶番、壁側に鍵をつけて完成です!

鍵は、簡単にかけれて頑丈なものを探していたところ、楽天でいい感じのものを見つけました。

しっかりした作りで、片手で閉めることができますよ。

元野犬。保護犬。狭い空間が落ち着く

完成後、保護団体の方にチェックしてもらい、屋根がある方が落ち着くとのアドバイスを受け、屋根もつけました。

階段下のデッドスペースを活用することができ、愛犬も落ち着く空間に仕上がり大満足!

木材を使用したことで、部屋に馴染みインテリアの邪魔もしません。

制作時間は、1日半ほどです。既製品の無機質な雰囲気が苦手な方、ぜひチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました