元野犬の保護犬を脱走させないために必ず守ってほしい4つの対策

保護犬

ペットを飼うということは、命を預かり守ることです。特に人慣れしていない保護犬や元野犬の場合、人の声や大きな音に反応してパニックを起こすこともあります。

普段は大人しく、固まってしまうような子でも、パニックになると人を引きずれるくらい強い力を発揮します。

譲渡時に、ボランティアさんとお約束する脱走対策は以下の4つです。

・室内係留
・ダブル首輪、ダブルリード
・鑑札、注射済票、迷子札の装着
・マイクロチップの登録

お山育ちの元野犬は、1度脱走させてしまうと自力で帰ってくることは難しいですし、愛想のいい子は、誘拐されてしまうかもしれません。

どちらの子も途中、事故に遭う可能性があります。脱走させないことは、愛犬の命を守ることです。

「うちの子は大丈夫」と思わず、すべての飼い主が命綱であるリードを手にしっかりと握り、家族を守ってください。

4つの脱走対策で愛犬の命を守る

自由な行動を制限したり、首輪をするのは、かわいそうだと感じる人もいるかもしれませんが、わたしはそうは思いません。

その理由は、「脱走させてしまう方がかわいそうだから」です。脱走させるということは、命の危険にさらされることを意味します。

幸せにするために迎えた子だからこそ、リードという命綱でしっかりと繋ぐ必要があるのです。

馴れてきた頃が1番危険!室内係留ってどうするの?

犬は、人の行動や表情、声のトーンなどを観察する生きものです。

元野犬の場合は、この人を観察する能力を使って、脱走するタイミングを狙っている可能性があり、「最近慣れてきた」「お散歩も楽しめるようになった」など、飼い主が油断する慣れてきた頃がとくに危険です。

室内係留はあまり一般的ではなく、ピンとこない方もいらっしゃると思いますので、我が家で実践にしている2つの方法をお見せしますね!

保護犬、室内係留、おもり
レインの体重は15Kg。8kgのダンベル2つを箱に入れています。

ひとつ目は、ダンベルを使った係留です。体重と同等か、それ以上の重さが必要なので8kgを2つ箱に入れています。

レインは、ボランティアさんのお家で2年間生活していたので、ワイヤーリードにしていますが、チェーンリードの方が噛み切る心配がなくて安心です。

レイン
レイン

ほかにも漬物石や、ブロックを使っている人もいるよ!

もうひとつは、壁や柱などに直接打ち付けるタイプのものを使っています。

こちらは、ある程度行動範囲や、生活スタイルが決まってきたタイミングで新設しました。

愛犬の命を守るダブル首輪・ダブルリード

首輪は、倉敷保健所ボランティアteam KARさんの商品と、革製のハーフチョークの2つを24時間つけっぱなしです。

ハーネスは、ストレスがかからなさそうに見えますが、引っ張った時に抜けて脱走した例があるので使っていません。

散歩のときは、それぞれの首輪にリードをつけて、装着時に、ぐっと引っ張って外れないかチェックするとさらに安心です。

レインはお散歩上手ですが、曲がり角の鉢合わせが苦手です。予想していなかった出来事に遭遇し、パニックになると、日常では考えられない力と動きで逃げようとします。

思わぬタイミングで瞬間的に引っ張って、強い力が急に加わると、首輪やハーネスが抜けたり、突然ナスカンが破損したりする危険もあり注意が必要です。

散歩中パニックになってヒヤッとするたびに、ダブルリードの重要性を実感しています。何度も言いますが、リードという命綱で愛犬を守れるのは飼い主だけです。

鑑札・注射済票の装着は飼い主の義務

鑑札、注射済票、迷子札、この後に出てくるマイクロチップは、脱走を防止するための物ではなく、万が一脱走させてしまった時に、どこに住んでいるのか明確にするための物です。

厚生労働省の公式ページでは、「飼い主の義務」に以下の3つが記載されています。

犬の飼い主には、
①現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
② 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
③ 犬の鑑札と注射済票を飼い犬に装着すること
が法律により義務付けられています。

厚生労働省「犬の鑑札、注射済票について」
手作りの迷子札

震災のときに、鑑札と注射済票をつけていたわんこは、いち早く飼い主さんが見つかったと言われています。

災害は、いつどこで何が起きるか予測できません。旅行先や外出先で災害が起きても「うちの子は大丈夫」と言えますか?

迷子札の役割も果たしてくれる、鑑札と注射済票の装着を、もう1度見直してみてくださいね。

見つけてくれた人が直接飼い主に連絡ができる、わんこの名前、飼い主の苗字と電話番号を書いた迷子札も装着しておくとさらに安心です。

最近は、手頃な価格のオリジナルハンドメイド商品も増えています。

「法律だから」でなく「犬のために」装着

2022年6月にマイクロチップの装着が義務化されましたが、マイクロチップに飼い主の情報を登録しないと意味がありません。

マイクロチップ登録していても、そもそも保護された場所に専用のリーダーがない場合もあります。

マイクロチップの登録は必要ですが、「常に」「誰でも見てわかる」鑑札と注射済票、迷子札を装着することが大切です。

知らないところに迷い込んで、寒くて怖い思いをするのも、お腹が減ったり、命を落とすのも、装着しなかった飼い主ではなく、装着されていない犬の方です。

「法律だから」でなく「犬のために」これまで紹介したすべてを装着してあげてください。

まとめ

首輪とリード、鑑札に注射済票、迷子札は、「言葉が通じないペットと飼い主をつなぐ方法」です。

脱走や迷子にさせてしまったりとしても、飼い主がわかれば、保健所に収容される前に帰れる可能性が高くなります。

保護犬に限らず、ペットの命を守れるのは、わたし達飼い主だけです。

「うちの子は大丈夫」でも「他の子は大丈夫でない」場合もあります。後悔する前に、首輪や迷子札をつけ、リードを手にしっかりと握ってあげてください。

タイトルとURLをコピーしました